複雑な業務の効率化|有料老人ホームの種類を知って無理のない施設を選ぼう
女性と老人

有料老人ホームの種類を知って無理のない施設を選ぼう

複雑な業務の効率化

微笑む女性

ソフトで一元管理

介護ソフトとは介護、医療の双方に対応したシステム構築で、スケジュール管理や経理などの複雑な業務を効率化します。アセスメント情報やヘルパー管理、スケジュールなどを楽に作成でき、登録情報を有効活用できるため、利用者さんのニーズ把握が的確に行えます。介護給付や、介護予防から施設、在宅ケア管理、地域統括まで一本の介護ソフトがすべてをサポートしてくれます。介護ソフトは月額数千円のものから、一本数十万のものまで様々な種類があります。またソフト間のデータ連動、LANネットワーク対応可能なもの、自動バックアップなど高品質なセキュリティで低価格に設計されたものも多くあります。無料体験版もあるのでパソコンが苦手な方でも簡単な操作で請求体験が可能です。

優しく使いやすいソフト

介護業務は書類作成の事務仕事が多く、時間がかかってしまい中々利用者さんのケアに時間がとれません。現場では慢性的な人手不足に加え複雑な請求業務などでケアマネさんや利用者さんの連係ミスにも繋がります。ですが介護ソフトを導入すれば請求データ作成時に、修正が必要な部分を事前に知らせてくれるので、算定処理ミスによる返戻をなくすことが出来ます。毎日の実績やボタン一つが算定でき、入力済の利用者さんの情報データが連動するので安心です。業務作業を効率化して利用者さんのケアに時間を充てることが出来ます。また履歴なども残るので過去の対応状況も簡単にさかのぼることが可能です。ケアプラン作成や介護保険請求など様々な業務対応の介護ソフトがあります。使い勝手や価格など、十分に検討して導入しましょう。